フリマ 勢いで購入して、商品が届いたら実は着払いだった・・・。着払いで高額送料がかかってしまった時の対処法!

フリマサイトの画像 フリマ

こんにちは!かねやんです。

メルカリなどのフリマアプリを利用していると、あっコレ安い!と思って発送方法を見ずに、直ぐに買ってしまう人は意外と多いのではないでしょうか?

私もその一人です!笑

私の場合、メルカリで過去に350円の本を購入し、着払いで1,090円を提示されたことがあります。

今回は、この時に、どのように対処したかを書いていきます。

購入者のミス・トラブルを招く出品者

メルカリ等のフリマアプリは、どんな人でも手軽に出品・参入が可能な便利なツールです。

だからこそ、中には購入者を騙し、利益だけを追求する悪質な人や、嫌がらせをする人もいます。

フリマアプリで物を買うときは購入者の心理としては、求めているものが、安く出品していたとき、他の人よりも早く購入をしたいため、説明文を流し読みして、送料のところを飛ばしてしまいがちです。

それを知っていて、あえて着払いの設定をする出品者がいます。

そして私はまだ経験したことはありませんが

対面ではなくネット上では堂々とした強い文調で

  • 発送方法に着払いって記載してますよね?確認しましたか?
  • 受け取ってもらわないと困ります。もし受け取らなければ少額裁判を起こします。

などと戯言や脅迫めいたことを言ってきます。

もしそういう場面に遭遇した場合、対処法が分からなければ動揺をしてしまうでしょう。

だからこそ、知識をつけて適切に対処していきましょう。

着払いトラブルはよくあること?それに対する対処法

メルカリではこのような、着払いトラブルが頻発しているようです。

中には、着払いの金額に驚きつつも、払わないといけないと焦って支払ってしまい、もやもやを残しつつ、そのまま泣き寝入りしてしまう人も多いかとおもいます。

  • 受け取らないと迷惑をかけてしまう。
  • 急なことで驚いてしまい、流れにまかせてそのまま支払ってしまった。
  • 確認しなかった自分が悪いんだ。

などなど、良心的な人はこういうった形で完結してしまいがちです。

でもちょっと待ってください!

確かに発送方法を全く確認せずに購入してしまうことに対しても非が0という訳ではもちろん無いかと思います。そこは反省すべきかもしれません。

ただ、そもそも論で、良心を持ったアナタは数百円程度の小物を着払いで送ろうとしますか?

アナタは商品の値段以上に送料がかかる物を買おうとしますか?

購入する側の立場になって考えたとき、数百円程度の小物を着払いになんかしませんよね。

つまりその程度のモノに着払いで発送され、料金に違和感を感じたとき、まず、配達員に待っていただき、頭の中を整理して判断しましょう!

着払いを払ってでもいい商品であれば受け取りましょう!

そうでなければ遠慮なく受け取りを拒否しましょう!

ほとんどが後者になるかと思いますが・・・。

その後、メルカリであれば取引キャンセルに進み、理由を記述して取引のキャンセルを依頼しましょう。

理由に正当性があればペナルティを受けずに取引のキャンセルができます。

私が遭遇した過去のトラブル事例

メルカリで中古の本を1冊350円で購入した時です。

購入した本は新品価格でも900円ほどだったので、送料込みの価格なのだろうと思い込み、購入しました。

ただ、商品が届き、はじめて着払いであることに気がつきました。

着払いの料金は1,090円。笑

いや、笑えないですね。

配達員の方に少し待ってもらい、取引画面を確認すると確かに着払いと・・・。

私は、一瞬確認しなかった自分が悪いから払うべきなのかと頭を過ぎりましたが、冷静に考えることができ、いやこれは悪質だなと判断し受け取りの拒否をしました。

その後相手に、取引メッセージで着払いが高すぎなので、取引をキャンセルしますと伝え、取引のキャンセルに進みます。

商品の不備にチェックをつけて

キャンセル理由は

1冊で350円の小さな本が着払いで送られてきて、その料金が1,000円を超えている。
購入ミスを誘う悪質な取引のため。

を記載しました。

この理由で申請をしたあと、5分ほどでキャンセル処理が完了しました。

特にペナルティや悪い評価を受けることなく、取引を終えることができました。

着払いは、出品する側にもリスクあり

たとえ、発送方法が着払いに設定していたとしても、取引メッセージで、再度着払いだということを購入者に説明したほうがいいでしょう。

もし、購入者が着払いだと知らずに購入し、配達員の人から料金を聞かされれば、驚いてしまい、受取拒否をされてしまいます。

そうなれば着払いでの往復送料は出品者負担となってしまいます。

ですので出品者側もこのようなトラブルを回避するために、なるべく着払いはしない。

するにしても取引メッセージでもう一度確認をすることが重要になりますね。

まとめ

着払いが一概に悪いとはいいません。

当然のことながら発送する商品や、値段にもよるでしょう。

ただ、購入者の気持ちになった発送方法を心がけていきたいものです。

売ってよし、買ってよしのWinWinの関係を築くことが大事ですね!


・・・といった感じで、日常的なこと、何気ないこと、お得な情報などなどを発信しております。
また見ていただけますと、嬉しく思います!
引き続き応援のほど、よろしくお願いします!

コメント