楽天ゴールドカード4月から改悪!ゴールドユーザーは今すぐ通常カードに変更?それとも4月になってから変更?どっちがいいのか。まとめてみました。

人気の記事

こんにちは!かねやんです。

楽天ゴールドカードが4月から改悪になるということでSNSで大いに盛り上がっていますね。

具体的には、これまで楽天市場でのSPU倍率が4倍だったのですが、4月から2倍に変更されてしまいます。

その為、ゴールドカードの年会費(2,200円)を回収するのが難しくなりました。

楽天ポイントせどりをしていて、大きな金額を購入されている方は、プレミアムカードに変更。

そうでない方は通常カードに変更をオススメします。

そして今ゴールドカードを使っている方は今すぐ切り替えた方がいいのか?4月まで使い倒して切り替えたほうがいいのか?

結論からいうと、今から変更しても大丈夫ですよ!というこうです。

4月からの変更点を公式から確認

順を追って説明していきます。

まず、楽天e-NAVIにログインをします。

メッセージボックスに重要なお知らせ「楽天ゴールドカード サービス改定のご案内」が1/14日から3/31日までの間、掲載されていますので、内容を確認します。

出典:楽天

そこに4月からのサービス変更点が記載されていますので、変更点を今一度確認してください。

変更点が記載されている同一ページから年会費の返金申請、楽天カードの切り替え、解約ができます。

楽天カードの切り替え

「カードの切り替えお申し込みについて」の項目で。楽天プレミアムカードか通常カードへの切り替え申し込みができますので選択します。

出典:楽天

私は通常カードへ切り替えますので、通常カードへの切り替えを選択します。

そこから通常カードへの切り替え申請ができるのですが、ここから切り替え申請をした場合、手続きは4月1日以降から始まるという旨が記載されています。

つまり、このページから切り替え申請をした場合、4月以降の切り替え手続きが完了するまでゴールドカードは使えますよ〜ってことです。

なので、あらかじめ通常カードに戻す目処が立っている人は、こちらから申請しておきましょう。

ちなみにこの切り替え予約の手続きができるのは2021年の3月31日までです。

ゴールドカード年会費の返金申請

こちらも変更点が記載されている同一ページからの申し込みが可能です。

出典:楽天

また返金金額はサービス変更月(2021年4月1日)から契約月までの月割金額です。

例えば、10月が契約更新月の人は、4月から10月までの月数で年会費を割った金額が返金額になります。

出典:楽天

こちらも返金申請の手続きができるのは2021年の3月31日までです。

まとめ

SNS等で4月になったら解約をする!それまでゴールドカードを持ち続ける!といった人を散見したので、実際のところ待つ必要があるのかどうかをまとめてみました。

冒頭でもお伝えしましたように、変更予定の方は今から年会費の返金申請と切り替え申請をしても問題ありません。

むしろ今しましょう!

・・・といった感じで、日常的なこと、何気ないこと、お得な情報などなどを発信しております。

ここまで記事を見ていただきありがとうございました。

また見ていただけますと、嬉しく思います!

引き続き応援のほど、よろしくお願いします!

コメント