『関西エリアの電気代』楽天でんきとエルピオでんき、どちらがお得?実際に使ってみた感想!

良品紹介

こんにちは!かねやんです。

今まで関西電力よりも電気代が安い楽天でんきを使用してきたのですが、どうもこれ以上に安いエルピオでんきという会社があると聞いたので、実際に使って比較してみました。

前提として、電気料金はあらゆるプランがあります。
今回は関西電力エリアの個人・ご家庭向けプランに焦点を当てた比較になります。
ご参考になれば幸いです。

2016年4月より始まった電力自由化により、電力事業の参入が増加し、価格競争が起きています。
ユーザーにとって価格競争は嬉しいことですね。

楽天でんき

契約プラン:プランS

関西電力エリアなら1kwhあたり、22.50円

2020年の10月21日から11月19日の30日間の電気使用量は116kwhで請求金額は2,819円(税込)でした。

楽天でんきの場合0.5%のポイント付与があるので、付与された14ポイントを引いて実質2,805円(税込)です。

楽天でんきの場合、実際に支払った1kwhあたりの金額は

2,805円/116kwh=約24.2円です。

※1kwhあたり22.50円なのに24円?と疑問を持たれるかたもいたと思いますが、実際に支払う電気料金は基本料金と電気料金に加え国が定めた燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金も請求額に入ります。また楽天でんきもエルピオ電気も基本料金は0円、手続き料金・解約料金無料です。

エルピオでんき

契約プラン:使った分だけSプラン(関西)

関西電力エリアなら1kwhあたり、22.20円

2020年の11月20日から12月17日の28日間の電気使用量は119kwhで請求金額は2,814円(税込)でした。

エルピオでんきの場合、実際に支払った1kwhあたりの金額は

2,814円/119kwh=約23.6円です。

比較した結果

電力自由化により、価格競争がおきている電力事業

電気料金だけを見るとエルピオ電気の方が、1kwhあたり、0.3円安くなります。

ただ実際に支払った金額を見ると、楽天でんきもエルピオ電気もほぼ同じ料金です。

楽天経済圏で生活をし、楽天市場でよく買い物をされる方はSPU(楽天市場で買い物時のポイント付与の倍率)が0.5%アップも付いた楽天でんきのほうがお得と言えるでしょう。

しかし楽天市場であまり買い物をしない方であれば、現在割引やキャッシュバックキャンペーンを実施しているエルピオでんきがオススメです。

私はネットでモノを買う時はヨドバシカメラ、フリマアプリから購入することが多く楽天市場はあまり利用しないため、エルピオでんきにしています。

さらに今は料金の割引とキャッシュバックキャンペーンを実施していますので、ただでさえ安い電気料金が1年間実質ほぼ無料で契約することができます。

解約金も無料のため、気に入らない場合キャッシュバックを受けた後に解約することも可能なので、この機会にエルピオ電気に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

エルピオでんきの申し込みは↓から

・・・といった感じで、日常的なこと、何気ないこと、お得な情報などなどを発信しております。

ここまで記事を見ていただきありがとうございました。

また見ていただけますと、嬉しく思います!

引き続き応援のほど、よろしくお願いします!

コメント