投資

【2021年8月15日最新】つみたてNISAのこれまでの結果を公開

毎月つみたてNISAで定額購入している、米国主要指数S&P500連動型投資信託、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)のパフォーマンスを、各月の中旬頃に、結果公開していきます。

つみたてNISAをまだ始めていない方は参考にしていただいたり、他の人の投資がどうなっているか気になる方は是非、公開する数字を楽しんでいただければと思います。

かねやん
かねやん

2021年8月15日時点のパフォーマンスはどうなったか見ていきましょう!

前月と今月のパフォーマンスを比較

前回、7月時点に公表したトータルパフォーマンス

2021年7月18日時点の結果

投資(これまでに積み立てた)額は666,664円

トータルリターンは+183,115円(27.47%)

評価額は849,780円でした。

先月から+2.06%のパフォーマンスと、前月と同じく直近の1ヶ月間は素晴らしいパフォーマンスでした。

グラフで見る資産推移

全期間の資産推移のグラフも順調に右肩上がり継続中。

グラフからでも見て取れるように、つみたてNISA合計資産と投資額の間幅が初期は狭小でしたが、今では順調に拡がっているのが確認できます。

投資期間が長くなるにつれ、リターン幅が拡大していっていますね。

保有主要銘柄に連動するS&P500の直近パフォーマンス

私自身のつみたてNISAの構成比率の9割以上を占める、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と同様の指標、SPY(S&P500)のチャートをみてみると、7月16日から19日にかけて、大きな下落はあったもの、その後順調に右肩上がりな状態がわかります。

8月結果まとめ

S&P500指数連動型の投資信託である、eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)は現在も順調に右肩上がり。

7月から8月までの直近パフォーマンスは+2.06%と好調。

つみたてNISAを初めてから、現在までのパフォーマンスは+183,115円(27.47%)でした。

かねやん
かねやん

S&P500指数連動型投資信託は、今月も強いパフォーマンスでしたね。

アメリカのインフレ(好景気)が鈍化しており、年内のテーパリング(金融引き締め)はまだ無いのではないか?という声もあり楽観視している人が多いの影響なのかもしれません。

8月26日にジャクソンホール会議(世界の中銀総裁の会議)という年一回の大きなイベントがありますので、そこでなにかしらの発表があり、株式相場のボラティリティ(変動幅)が大きくなるかもしれませんね。

しかし積み立て投資は、大きな調整局面があったとしても淡々と積み立てるのみです!

これから、つみたてNISAを始めようと検討している方は楽天証券がおすすめです。

楽天証券はこの記事で用いた画像のように、ユーザーインターフェース(使用者の使い心地)が良くて、直感的に資産の購入・把握がしやすい設計になっているため、投資デビューに最適です。

他にもクレジットカードや楽天ポイントで投資や積み立てが出来るのも大きなメリットです。

楽天証券口座のお申し込みはコチラからできます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA