お得な生活術

【対処法】メルカリで欲しい商品が安かったので即購入したら着払いだった!?

メルカリの取引でトラブルが頻発するのが「着払い問題」です。

らくらくメルカリ便を使えば、送料175円で済むような本をワザワザ着払いで送ってくる人もいますから困ったものです。

確かに発送方法を確認しないのも問題ですが、それ以上に”この商品わざわざ着払いに設定する必要ある?”といったものが相場より低価格で設定され、誤購入を誘発させようとする出品者側の問題も無視できません。

結論から言いますと、着払いを見落として誤購入してしまった場合、受け取り拒否の対応で構いません。

この記事では出品者側の着払いにするメリットと・誤購入してしまったときの対処法を具体的に解説しています。

なぜ出品者は着払いに設定しようとするのか?

出品商品を安く見せることができる

表面上の値段が他の出品者よりも低めで目立つため、閲覧数を増やすことができる。

また、メルカリは早いもの勝ちなので、表面上の値段(送料込なら迷わず即決で買うが、着払いなら買わないような絶妙な値段設定)に釣られ発送方法を確認せずに即購入をしてしまう人も多いため、悪質な出品者は誤購入を誘導させることもできます。

送料がかからなくて済む

着払いだと送料は購入者負担のため、出品者の負担が軽減できます。

サイズや重量、距離を気にせずに発送ができます

しかし、もし購入者が受け取りを拒否した場合、往復分の送料を出品者が負担しなくてはいけないリスクがあります。

トラブル対処法

購入する前に出品物の相場が他と比べて安すぎないか発送方法が着払いになっていないかチェックしましょう!

誤って購入してしまった場合は、受け取りを拒否し、メルカリ事務局へキャンセルの理由を添えて連絡しましょう。

例:「通常、送料が200円程度で済むようなものを着払いに設定し、誤購入を誘導されたため」と理由を添えれば、事務局側も受け取ってもらえるでしょう。

まとめ

購入者が受取拒否をした場合、往復分を出品者が負担をする点を考慮すれば、決して着払いが出品者にとってメリットばかりでは無いはずです。(むしろリスクが大きい)

出品者側も送料分、表示価格を上乗せして、らくらくメルカリ便や、ゆうゆうメルカリ便を用いていれば、決しておこらないトラブルなので、もしかしたら着払いにして購入者がどのような反応をするのか楽しんでいるのかも知れませんね。(もちろん真っ当な理由がある人もいるかと思いますが、そのような理由を思いつくのは大型家具出品者ぐらいで極少数)

「着払い問題」防止のため、購入者が事前に発送方法を確認することは当然のことですが、うっかり見落として買ってしまうこともあるかと思います。

その時は、「確認をせず購入してしまった自分が悪いから、勉強代として今回は支払おう」とならずに、受け取りを拒否し、事務局に理由をそれてキャンセル依頼をしましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA