お得な生活術

【電気料金比較】新電力エルピオでんきは関西圏最安!?関西電力と比較

2016年より電力の自由化が始まり、新しい電力会社がたくさん誕生しました。

楽天でんき・ソフトバンクでんき・ミツウロコでんき・エルピオでんき・ENEOSでんき・・・など。

しかし結局どこが安いのか?っと迷ってしまうと思います。

今回は私の住んでいる関西圏で、最安。筆者自身も契約している電力会社エルピオでんきを紹介します。

エルピオでんきの特徴

基本料金 0円

解約手数料(解約金・違約金) 0円

キャッシュバックキャンペーンなど常時実施

関西電力エリア対応(大阪府・京都府・兵庫県・三重県・滋賀県・和歌山県)

関西電力圏内では2つのプラン

使った分だけSプラン

単身世帯や一般家庭向けのプラン

(※関西電力の従量電灯Aプランに該当し、従量電灯Aプランは基本料金と電気使用量によって決まる。)

使った分だけLプラン

大家族や飲食店などの業者向けプラン

電気料金の計算方法

電気料金=基本料金+電力料金+燃料費調整額+再生可能エネルギー発電促進賦課金

基本料金と電力料金についてはわかるけど、あとの2つについては分からない方もいると思います。

燃料費調整額

燃料費は経済情勢(為替レートや原油価格等)の影響を大きく受けます。

その価格変動を電気料金に迅速に反映させるため、毎月自動的に電気料金を調整する制度です。

再生可能エネルギー発電促進賦課金

再生可能エネルギー(太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス等)により発電された電気を電力会社が買取り、電気の使用量に応じて電気料金の一部として、使用者が負担するものです。

エルピオでんきと関西電力の比較

電気料金の比較の際には燃料費調整額と再生可能エネルギー発電促進賦課金は基本どこの会社でも同額なので、基本料金と電力料金で比較します。

比較対象プラン

単身・一般世帯向けの関西電力「従量電灯A」とエルピオでんき「Sプラン」

電気料金(1kWhあたり)

基本料金 関西電力:341円02銭

エルピオでんき:0円
(※Sプランは、使用量が15kWh未満の場合、最低月額料金として330円かかります。)

15kWh超〜120kWh以下 関西電力:20円32銭

エルピオでんき:22円20銭

120kWh超〜300kWh以下 関西電力:25円80銭

エルピオでんき:22円20銭

300kWh超〜 関西電力:29円29銭

エルピオでんき:22円20銭

月額と年額で比較

一般家庭の月間平均電力消費量は約400kWhほどなので、400kWhで比較します。

月額料金
関西電力 10,047円
エルピオでんき 8,800円

 

400kWhだと月額 1,167円 、年間でエルピオでんきの方が 14,011円 お得になります。

※月平均電気使用量が150kWh以下であれば、関西電力の方が多少安くなりますが、夏場、冬場を考えると、まず単身世帯でも月平均150kWhを簡単に超えるかと思います。

まとめ

関西電力エリアでは最安のエルピオでんき

基本料金は0円。電気使用量は一律固定。

手続きは電話かWEBで簡単に手続きができ、立ち合いや、工事が不要で切り替え時期が来れば、自動的に切り替えることができます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA