お得な生活術

【株式投資】知っておきたい! 株式配当金 4つの受け取り方法を紹介

配当金の受け取り方、実は4つあるのをご存知ですか?

4つあるとはいっても実際に主流な受け取り方は2つぐらいですが・・・。

そして、配当金の受け取り方次第で、本来の配当金以上にお金を受け取れることも可能です。

その方法も紹介していますが、先ずは配当金の4つの受け取り方法を学んでいきましょう!

株式数比例分配方式

株式の配当金が証券口座に直接入金される方法

株式数比例分配方式は最も一般的な配当金の受け取り方法です。

例えば、楽天証券で保有している株に配当金が出た場合、楽天証券口座に振り込まれます。

同一銘柄を複数の証券会社で保有している場合は、各証券口座の保有数に応じて、各証券口座に振り込まれます。

例、楽天証券で200株、SBI証券で100株の配当金が出る同一銘柄を保有している場合、楽天証券口座には200株分の配当金が、SBI証券口座では100株分の配当金が別々に振り込まれる。

NISA口座で配当金を非課税で受け取る場合、株式比例分配方式を選びます。(でないと配当金が非課税になりません。)

配当金領収書方式

配当金領収書方式で受け取るには2つの方法があります。

①発行会社から直接自宅へ「配当金領収証」が郵送され、自身でゆうちょ銀行または郵便局で配当金を受け取る方法。

②発行会社に対し口座振込指定をし、指定した金融機関に配当金が振り込まれる方法。(「配当金計算書」等が郵送されます。)

登録配当金受領口座方式

指定した金融機関口座に入金される方法。保管振替機構<ほふり>の残高に応じて配当金が支払われます。

複数の証券会社に口座を保有している場合、その中のいずれかで登録配当金受領口座方式を選択している場合、登録された金融機関口座へ配当金が振り込まれます。

つまり一度設定すれば、他の証券口座で株式比例分配方式等の設定をしていてもそれらが自動的に登録配当金受領口座方式になり、銀行口座に振り込まれるということです。

しかし、一部の証券会社では登録配当金受領口座方式が非対応のところもあります。

たとえば、2021年5月現在、1,000円投資ができるPayPay証券や、100円投資ができる日興フロッギーなどでは登録配当金受領口座方式に対応しておらず、株式数比例分配方式のみです。

他の証券会社で登録配当金受領口座方式を設定しても、これらの証券口座は影響がありません。

登録配当金受領口座方式は楽天銀行の常設キャンペーンと相性がいい。

配当金の振込先を楽天銀行に設定しておき、楽天銀行で配当金を受け取るたびに追加でお金がもらえます!

詳しくは下の”SBIネオモバイル×楽天銀行で配当金倍増”を参照

個別銘柄指定方式

銀行等金融機関口座で受領する方法

登録配当金受領口座方式との違いは、銘柄毎に手続きを行う点です。

指定していない銘柄については登録している銀行で受領することができませんので注意が必要です。

まとめ

配当金の受け取り方法には株式数比例分配方式・配当金領収書方式・登録配当金受領口座方式・個別銘柄指定方式の4つの受け取り方法があります。

株式数比例分配方式で証券口座で受け取ることが最も一般的ですが、一株から投資ができるSBIネオモバイルと楽天銀行口座・キャンペーンを併用して配当金アップを狙うのであれば登録配当金受領口座方式がオススメです。

楽天証券口座・楽天銀行口座・SBIネオモバイル証券口座を使って少しでも日々のキャッシュフローを増やしていきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA