お得な生活術

【OCNモバイルONE】新料金まとめ 複数回線契約が最強に!家族利用にもおすすめの理由

2021年4月1日から、あらゆる通信会社が新料金を発表しました。

大手キャリアでは高かった携帯代がリーズナブルになり、元々安かったMVNOキャリアでは更に安くなりました。

通信会社は戦国時代に突入!今回は更に安くなったOCNモバイルONEの新料金の概要と特徴を見ていきます。

基本的な料金体系

初期費用

・初期手数料3,300円(税込)

・SIMカード手配料433円(税込)

月額費用

音声対応SIM

出典:OCNモバイル

料金は1GB/月コース 770円(税込)から

音声対応SIMは電話・SMS・データ通信全ての携帯機能が使える。

SMS対応SIM

出典:OCNモバイル

料金は3GB/月コース 990円(税込)から

SMS対応SIMの特徴

SIMに電話番号はあるが、通話は不可。

電話番号を利用して、メッセージを送受信することは可能。

SMS受信は無料だが、送信は有料(5通まで無料)で最大文字数が決められている。

サービスの会員登録や利用時に本人確認としてSMSが必要となる場合がある。

データ通信SIM

出典:OCNモバイル

料金は3GB/月コース 858円(税込)から

データ通信SIMの特徴

データ通信(ネット利用)のみが可能で、電話回線を利用したサービス(電話・SMS・SMSでの本人認証)は受けられない

通話料・SMS通信量

・OCN電でんわの通話料 11円/30秒(税込)

・SMS送信料 国内への送信(月内5通まで)無料
6通目以降は1通3円(税込)

容量シェアSIM

容量シェアSIMとは?

通信容量を他のSIMカードと共有できるSIM
(OCNモバイルでは最大5枚のSIMカードで通信容量の共有が可能)

初期費用

・SIMカード手配料 433円(税込)

・SIMカード追加手数料 基本的に0円
(料金の発生条件があるので公式サイトからご確認ください。)

月額費用

・音声対応SIM 572円(税込)

・SMS対応SIM 572円(税込)

・データ通信SIM 440円(税込)

その他かけ放題・オプション等

その他の料金は公式サイトからご確認ください。

他社とはココが違う!

通話専用アプリが不要

2021年4月7日以降、OCNでんわで発信可能な日本国内通話であれば、OCNでんわアプリを使わなくても、自動的にOCNでんわからの発信となります。

つまり、専用通話専用アプリを通さずとも安い料金で通話ができるということです。

手間が省ける素晴らしいサービスですね!

他のMVNOでは専用のアプリ経由で電話しないと安くならない

IIJmio みおダイアル
楽天モバイル RakutenLink

ファミリーシェアや、複数回線契約でおすすめ

私の場合、事業の電話番号を携帯電話番号にしているのですが、例えばそれをOCNのメイン回線で契約(月額770円)し、私用の携帯をシェアSIMで契約(月額572円)すれば、電話回線2台持ちで月額最低料金がたったの1,342円となります。

事業携帯はほとんど持ち出すことはなく、常にWi-Fiに接続しているのでほぼデータを使うことはありませから、データ容量を消費するのは私用携帯のみです。

ご家族での複数回線契約にもオススメですね。

まとめ

音声通話月額最低料金は現状、楽天モバイルに次ぐ2番目の安さです。

シェアSIMを使った複数回線契約であれば、最安になります。

電話番号は必要だけど、ネットは基本的に家のWi-Fiを利用している方であればOCNモバイルONEは非常にオススメです。

また、MNPで端末とのセット契約であれば、端末代金が大きく割り引かれるキャンペーンも随時やっているので気になる方は下のバナーから是非チェックしてみてください

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA